しがらき坂路研究所

しがらき坂路研究所

2016夏、シルクレーシングクラブで一口馬主デビュー

2017年5月☆2歳愛馬4頭の近況

5月15日クラブ公式発表よりの記事です

アリディブリラーレ 父ディープブリランテ 母タムロウイング

f:id:hanronobannin:20170521231140j:plain

調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は角馬場で軽めの調整

4月10日に放馬して顔や脚に外傷を負い調教を控えていました。調教を再開できましたが、調教動画は相変わらす良い動きに見えます。馬体重424kg

 

ラソワドール 牝 父ゴールドアリュール 母ルシルク 

f:id:hanronobannin:20170521225554j:plain

調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

順調そうです。馬体重519kg

 

ポートフィリップ 牡 父ハーツクライ 母アドマイヤテレサ

f:id:hanronobannin:20170521230102j:plain

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン22~23秒のキャンター2,700m

順調です。調教のペースを抑えて仕上げ過ぎないようにしているようです。

 

オブセッション 父ディープインパクト 母パーシステントリー

f:id:hanronobannin:20170521231359j:plain

調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,500~2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は徐々に調教量を増やし、週1回は坂路を2本登坂する日もありますが、体力的には十分に対応できています。馬格はだいぶしっかりしてきましたが、もう少し引き締まってきてくれると言うことないですね。脚元・体調面ともに問題ありませんし、体重も戻ってきました。ここまで順調に状態が上がってきていますが、今後も馬の成長に合わせて抜くところは抜き、詰めるところは詰めて、メリハリをつけた調整を行っていくつもりです」馬体重530㎏

ただただ馬体重が増えないでくれと祈るばかりです。